教育方針

理事長 岡野貴樹

「個性と可能性を大切にトータル教育で実現する人間的成長と学力増進」

岡野理事長-1.jpg

 本学園は、常に新しい時代に対応し「時代と共にある教育」を実践する中から、「素晴らしい未来を築いていく人材」を育成する伝統を築き上げてまいりました。優れた教養を身につけ個性を伸ばす教育、成長と向上を目指して自己を磨いていく心を養う教育、この2つを柱として全人的教育を実践していこうというのが私どもの理念です。 人間は、ひとりひとり必ず何かを成し遂げる可能性を秘めています。生徒たちには、高校生活を通じて、自分だけが持つ才能を信じて、大きく翼を広げてほしいと思います。さらに急速に発展する国際化時代、情報化時代に、日本の将来を担うべき生徒たちが自らの可能性を信じ、知徳体のバランスを高めていけるよう、本学園は今後も、理想の教育を追求してまいります。

              

             

学校長 小南久芳

《校 訓》 「自主自律」「明朗勤勉」「協調奉仕」 に学ぶ

小南校長-1.jpg

 これからの時代を生き抜く課題解決力を身につけるためには、「主体的に学びに向かう力」と「自らを律し、責任ある思考や判断をする力」(自主自律)が重要になります。そして、その基盤として求められるのが「着実に知識・技能を習得する勤勉さ」と「明朗で豊かな心で表現する力」(明朗勤勉)であり、「多様な個性を認め合う協調性」と「社会の役に立ちたいという奉仕の心」(協調奉仕)が新たな価値を創造していく力につながります。
 春日部共栄高校では校訓に則りながら、3年間の学びの中でこうした資質・能力を培い、迎えるSociety5.0時代を担う有為な人材を育成します。

    

    

本校の取り組み

育む5つの力-1.jpg

平成29年度学校自己評価シート(PDF:343KB)

いじめ防止基本方針(PDF:266KB)

災害対応マニュアル(PDF:150KB)

  • 在校生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ