看護について学ぶ

投稿日:

本日富山県立大学看護学部より桒子嘉美先生をお招きし、

【手術を受ける方へご家族が安心して安全に臨める看護】

について、ご講演頂きました。

看護師・医師・薬剤師・理学療法士・作用療法士・放射線技師など

医療系の進路を志望している生徒約60名が真剣にお話を聞いていました。

【生徒の感想を一部抜粋】

今回、この講演を受けて看護師の役割や自分がどんな看護をしたいかなどが分かった。 ただ身体を治すのだけが仕事ではなく、精神的に支えるという仕事もあるのでいい仕事だなと改めて思った。今までよりも看護師という仕事に興味が湧いて、なりたいという気持ちが増した。

医療者として必要な考え方や患者と向き合うときの考え方を学ぶことができました。講義を聞いていて、先生が「この場合もある」とよく仰っていたことが、医療現場において多岐にわたる視点が特に重要だということを改めて理解できたと思います。地方の大学から講義を聞いて、医療の知識を得ることはなかなかない貴重な機会なので、これからの受験にむけての心構えを学べたと思います。

P_20220905_171208.jpg