カリキュラム

質量ともに吟味を重ねた
中高一貫だけの先取りカリキュラム

Mタイム(M=Morning・朝学習)

生徒たちは7:50~8:00のスクールバスに乗って毎日登校します。朝は頭脳の目覚めと知識の吸収に大変効果的な時間帯です。本校では8:15開始、8:40終了のMタイムを集中して実施することにより、個々の実力向上に加え、その後の授業における学習効果の向上を実現しています。

速読練習(2分)

目の動きを速くし、目から読み取った情報を頭の中ですばやく処理するための訓練です。専用のプリントを使用して毎日訓練を重ねる中で、読書スピードを高め、限られた時間内で大量の情報を処理しなくてはならない大学入試に備えます。また、朝一番に行うことで、脳の活性化に役立ちます。

ワールドビュー(1分)

毎日の新聞や雑誌などから興味深い記事をピックアップし、それに要約・感想・提案を記した「ワールドビュー」を1分間で読みます。幅広い知識を身につけるとともに、速読の実践的練習の教材にもなっています。各自が興味を持った記事を切り取り、コメントを書いて担当の先生に渡すと、それが「ワールドビュー」になり、翌日、全生徒が目を通します。

英語のリスニング(10分)

耳と目と口を使って、約1週間同じ題材に取り組みます。リスニング能力の向上は、今後の英語学習に大いに役立ちます。リスニング教材は、年に2回実施されるスピーチコンテストや暗誦コンテストの基本となります。1週間経った段階で内容を完全に覚えられるように集中して聞きましょう。

数学問題演習(3分)

問題集の指定された問題を3分間で復習します。模試の前などは、特別プリントを利用して対策をします。毎日さまざまな分野の計算をすることで、復習の効率を高めます。

Lタイム(L=Learning・放課後の補習タイム)

月・水・金の放課後に行われます。月・金は英語・数学の特別補習、水曜日は自学自習をする時間となります。

授業で分からなかったところや、授業中に質問できなかったこと、家庭学習での疑問などを解決するよいチャンスです。日々の授業や家庭学習の補助として自主的に取り組みましょう。

短い時間でも集中して行うことで高い学習効果が得られます。わからないところをそのままにせず、この時間を使って納得がいくまで質問してください。一つひとつの積み重ねが、後に大きな効果となって現れます。

なお、火・木・土曜日の放課後は部活動の時間となります。

Sタイム(S=Special・特別学習タイム)

各教科の補習や発展的学習などを行う時間です。放課後や早朝の時間を利用して行われます。各種検定試験前には、各級ごとに特別講習なども開かれ、多くの生徒が参加しています。

時間割例(1年生)

1 代数 英語 体育 国語 幾何 代数
2 社会 体育 音楽 理科 英会話 国語
3 国語 技家 英語 幾何 社会 社会
4 体育 技家 美術 英語 理科 LHR
5 理科 国語 理科 代数 国語
6 幾何 社会 土曜授業 英会話 英語
7 英語 道徳 代数
8 総合学習 総合学習
  • 第2・第4土曜休み
  • 50分授業
  • 30人×4クラス
  • 月水金放課後、補習ならびに発展講習を開講(Lタイム)
  • 登校8:15、速読練習/「ワールドビュー」の速読/英語リスニング10分間/数学問題演習を実施(Mタイム)
    (ワールドビュー:生徒が新聞記事をピックアップし、それに要約・感想・提案を記したもの)
  • 終業:月水金16:15、火木15:15、土12:40