社会

「成功する人は、新しいものを見る人ではない
同じものを違った角度から見る人である。」

民主的な社会の担い手として、その資質を高めるためには、物事を理性的かつ多面的に捉える力が必要です。そこで、『地歴・公民』の学習では自らの意見を持ち、それを表現し発信できる能力を養うことを目標とします。また、最新の入試問題にも注目し、演習を多くこなすことで難関大学受験にも対応した指導をします。

君は授業で教わったことについて、自分で考えたことがありますか

本当の知識というのは「わかったこと」「考えたこと」の積み重ねだ

確かによく使う基本的な用語は覚える必要があります。けれども、たくさん用語や人名、年代を覚えて試験で良い点数をとったとしても、ただそれだけでは時間がたつとその多くを忘れてしまいます。しかし、自分で考えたこと、自分の頭でしっかり理解したこと(わかったこと)は、決して忘れることはありません。

高校時代、「わからないこと」もたくさんあります。大事なのはその「わからないこと」を授業で学んだ知識を使って、自らの意見を持ち解決していくことです。

論理力をつけよう

現代はグローバル化が進行する時代です。その中に生きる私たちは様々な民族・宗教・文化と関わっていかなければなりません。このような国際社会の中では、多くの知識を駆使し筋道を立てて説明する力、つまり論理力が不可欠です。用語や人名、年代を「覚えている」だけではこの力を発揮することはできません。21世紀は「覚えている」ことよりも論理的に物事を理解すること、すなわち「わかっている」ことが試される時代です。

春日部共栄の「地歴・公民」の授業では、物事を論理的に考察し、様々な発想を用いて諸問題を解決していく力を身につけていきます。

地理・歴史:センター試験はもとより、東京大学などの二次試験にも対応します

日本史

日本史は2年次から履修します。日本史を学ぶ上で大切なのは、具体的な事実を正しく認識することです。しかし、単に事実を羅列的に知っているだけでは十分とはいえません。日本史を真に理解するには、各時代の政治・経済・文化の関連性に注目しながら"時代の動き"を捉えることが大切です。このような観点で学習をしながら並行して国公立大・難関私大の問題演習にも対応していきます。

世界史

世界史は1年次から履修します。世界史を単なる各国史の束たばとして扱うのではなく、近現代に向かうにつれて世界の諸地域がその繋がりを密接にしていく様子や、政治史・社会経済史・文化史の関連に目を向けることによって、授業における「現在と過去の対話」(E.H.カー)を行うことを目指します。このことが、大学受験はもとより国際社会を主体的に生きるうえで必要な未来を見通す力を形成していくと確信しています。

地 理

地理は、2年次から履修します。世界の国々が、互いに密接な関係を持つグローバル化社会において、地理を学ぶ重要性は増しています。各国・各地域の自然環境や産業・人びとの生活・文化を理解することは国際社会でリーダーシップを発揮するためにも必要なことです。そこで用語の暗記に終始するのではなく、なぜそうなのかといった論理的思考力を重視した授業を展開します。 センター試験や難関大学の論述問題にも十分対応できるように3年次では演習問題を多く取り入れ実践力を養います。

公民:センター試験での高得点を目指しながら、社会の一員としての資質を養います

現代社会

現代社会は1年次に履修します。この科目は政治分野・経済分野・倫理分野で構成されていますが、その中の経済分野の学習から始めます。そして、国際社会での日本の役割を考察し、国際政治や国際経済についての知識を深めていきます。さらに、日本はもちろん世界で起こっているさまざまな時事問題に目を向け、それらに対して提案・解決する力を養っていきます。