理科

「知的好奇心を持てば、きっと理科の力は大きく伸びるはずです。」

進路に合わせた選択制で、国公立大受験にも十分対応できる理科の力をつけていきます。授業だけでなく、各種講習や添削指導などきめ細かな対応をしていますので、知的好奇心を持って授業に臨めば、中学では苦手だったという生徒も十分伸びます。

「難関大学合格の先輩もそうだった!
積極的に学習して力をつけよう。」

本校では、生徒の進路に合わせたカリキュラムを設定、理工系進学希望者は2年次から科目選択を置いています。1年次は生物基礎と物理基礎を中心に学習、2年次で化学基礎を軸に物理と生物を選択、3年次で化学を中心に、「化学・物理」あるいは「化学・生物」という形になり、国公立大学や難関私立大受験に向けての力を確実につけていきます。いずれのコースにおいても生物・物理・化学のそれぞれの基礎をしっかりと学習していきます。

授業のほかに各種講習もあり、そこでは通常の授業とは別に時間をかけた実験や、じっくり考察する学習にも力を割いています。

授業の中で丁寧に現象面の理解をうながす指導をしており、副教材の形で問題集を活用しながら、日常の家庭学習の様子も把握していますから、臆することなくどんどん学習していきましょう。東大など難関大学に現役合格した先輩もそうでしたが、高校では知的好奇心を持って取り組めばきっと伸びます。

化学:バラエティに富んだ講座さまざまなアプローチで化学力アップ!

本校の化学は、2年次に化学基礎を学習し始め、続けて理系コースでは化学を学習していきます。単元ごとに小テストを実施したり、定期試験においては大学入試問題も含めての出題など、さまざまなアプローチで学力向上に努めています。さらに、放課後の講習や長期休暇中に実施される講習は、センター試験対策用と国立二次試験対策用の2つに分けて開講します。特に夏期講習は、基礎から応用までの幅広い学力の養成を心がけています。これらのバラエティに富んだ講座は、本校の好調な理系進学の、ひとつの原動力となっていると言えるでしょう。

物理:基本となる考え方さえ大切にすれば全問正解できます!

物理を学ぶコツは簡単です。自然の様子や身の回りの電気製品やスポーツなど、好奇心をもって見つめるだけでいいのです。物理の楽しさは身近に溢れています。みなさんも、それを本校の物理の授業できっと見つけられます。本校では1年次に物理基礎の勉強を始め、理系コースでは、2年次に引き続き物理を勉強していきます。なぜ白い服の方が涼しいのか、なぜ車は走るのか、なぜピッチャーはカーブが投げられるのか、春日部共栄高校で一緒に考えてみませんか。そして、大学でさらに深く物理を学んでみませんか。

生物:"目に見える身近な生物"から"ミクロの世界の生物"へ一緒にミクロの世界を探検しよう!

本校の生物は、1年次に生物基礎を学習し、2年次には引き続き生物を勉強していきます。3年次では文系クラスはセンター試験に向けた演習授業、理系クラスはセンター試験に向けた演習にプラスして大学の二次試験に向けた演習に入ります。

大学入試を視野に入れ、各定期テストにはセンター試験や大学の二次試験の問題も含めて行っています。

高校の生物は、小・中学校での"目に見える身近な生物"から"ミクロの世界の生物"へ視点を進めます。例えば、私たちの体を構成しているタンパク質。このタンパク質を作っている材料は何か? 顕微鏡で観察することが難しいことも一緒に考えていきます。みなさんも一緒にミクロの世界を探検しましょう。