数学

「目標は国公立大学全員合格!
そのための数学を徹底指導します。」

数学は大学受験にも大きな影響力を持つ教科ですから、本校では基本をじっくり学習しながら、一方で効率的な記述練習も取り入れて、着実に理解を深め、よりよい解答を表現できる指導を行います。こうした指導の下で、自ら学ぶことを知った生徒は必ず伸びますし、私たちは伸ばす体制で皆さんを待っています。

「国公立大学合格に向けて、考える力を養います」

国公立大学全員合格が目標の本校では、3年次1学期までに教科書を終わらせるペースで学習します。そのため1、2年次で学ぶ項目は多く、しっかり力がつくように様々な工夫をしています。1年次では共栄生としての勉強への姿勢、やり方をしっかり身につけます。ノート点検をはじめ、効果的な宿題、小テスト、0時限、放課後の講習等を通して皆さんをサポートします。

数学は、解けた時の喜び、組み立てる楽しみのある教科です。そのための考える基礎、土台作りが大切ですから、授業は教科書通りに進めるのではなく、先生が工夫したものになります。そうした授業を通じて、組み立てる楽しみが分かってくると数学は面白くなります。

各単元の基礎事項の知識を身につけ、考えて組み立てる方法を知ることで数学の力は伸びていきます。中学校で少し苦手だった生徒も大丈夫。新たな気持ちで臨んでください。先生方は質問があればいくらでも答えます。「質問しなければ損だ」という気持ちで、積極的に取り組んでください。

学習習慣はDaily Trainingから!

「わかる!」+計算力=「できる!」。そして、それを表現する。数学では「わかる!」=「できる!」ではないとよく言われます。また、「数学ができない」「成績が伸びない」の主な原因は計算力と国語力の欠如だと考えます。そこで本校では全学年を通じ1学期は、1週間に3回早朝の時間を使い、Daily Trainingを行っています。Daily Trainingでは正確な計算力、効率のいい計算法が身につき、「わかる!」が「できる!」に直結し、なによりそれをどう表現すれば点数につながるのかの練習になります。そして、数学の面白さにも多く触れることができるでしょう。また、短い時間集中することで、学校や家庭での学習習慣も身につきます。

向上心と競争心を伸ばす0時限講習を実施

本校ではやる気のある全生徒を対象に、0時限講習を実施しています。向上心の高いメンバーとともに学習することによって、分らない所を時間をかけ徹底して学び、理解を深めます。競争心をかきたてる講習です。

東大入試問題分析ならびに対策

東大入試は、一昔前の図形重視の傾向は薄れ、ここ数年はむしろ傾向を作らないようにしていると思われます。そこで「問題の本質を見抜く洞察力」、「記憶や経験に頼らない発想力」、また解法を「組み立てる構想力」、「分りやすく説明する表現力」などの力を「粘り強い計算力」とあわせ身につけることが対策となります。このような学力を形成するためには、東大対策に限らず、1年次より「もう二度と習うことのない単元」が毎授業、目の前で展開されていることを意識し、授業を着実に押さえていくことが重要です。

求む! チャレンジャー!数学オリンピック

1月の成人の日に全国各地で実施される「数学オリンピック予選」には本校からも毎年多くの数学好きがチャレンジしています。予選突破に向けて夏休みから講習会や過去問題に取り組んでおり、過去17回の挑戦で予選合格は7名、予選準合格(B合格)は137名に達しています。

数学検定も一つの目標!準1級を目指せ!

21世紀は情報の時代と言われていますが、それらの基礎となっているのが「数学」です。本校では、数学の学力向上の一環として、年2回「数学検定」を実施しています。卒業までに準1級取得を目指してください。