国語

「着実な『授業』と多彩な『学びの場』で
国語力の充実を図ります。」

「授業は1回目の復習」を合い言葉に、シラバスに沿った授業でしっかりと基礎力を養成。さらに、多くの入試問題に早い時期から取り組むことで、大学入試センター試験をはじめ、国立二次試験から私大入試まで、国語の各分野について、十分な実力を身につけられるようにリードしていきます。

「おおらかに学び、
自分の言葉の世界を広げよう」

国語は読み(聞き)、考え(感じ)、そして、表現する(話す、書く)教科です。人間は言葉なしでは何も考えられません。難解な数学の公式も、楽しんで読む漫画も、広範な意味における人間の言語活動にほかなりません。若い多感な時期に、新しい言葉の世界にどんどん触れていきましょう。

春日部共栄高校では、授業と副教材を計画通りに進めていけば、大学入試対策はほぼ大丈夫。できればその枠にとらわれずに多くの本を読みましょう。

国際化社会、情報化社会と言われている現代だからこそ、足もとの国語をしっかり学んでおくべきでしょう。

漢文世界では、2000年をもさかのぼる東洋の英知に触れ、1000年前の古文に日本人らしい繊細な美意識や典雅な感性を見る。現代の諸問題に鋭く切り込んでいく多くの評論群から、未来を予見する視点を獲得してください。これら国語における学習は、君たちが自分の夢や将来像を思い描く大きなヒントになるはずです。おおらかに学びましょう!

現代文は全ての教科の基本
古典はていねいに学ぼう

高校の国語は、今まで学んできた分野に加えて古典(古文と漢文)という科目を本格的に学習します。現代文は中学の時より読む量・質ともにレベルアップしていますから教科書だけでは不足しがち。授業で配布される補足プリントや入試類題に目を通し、参考図書を積極的に読みましょう。本校では、古典という分野を初めて学ぶ君たちにぴったりの教材と授業計画を用意していますので安心してください。とにかく初めが肝心。今まで国語が苦手だった諸君こそ、ここに国語を得意分野にするチャンスがあるかもしれません。古文・漢文は「授業は1回目の復習」を合い言葉に、じっくり・ていねいに学んでいきましょう。

充実した副教材入試問題演習への取り組み

本校では、各学年ごとに重点項目にあった副教材テキストや共栄独自のプリントが用意されています。1年次に漢字・古文単語245・古典文法、2年次に古語・漢文句形100。これらのテキストや補足プリントに取り組み、定期試験に焦点を合わせることで、無理なく基礎力を身につけることができます。また1・2年次の早い時期から、どんどん入試問題に触れられるのも国語の特徴のひとつ。古文も漢文もストーリーの展開を追い、内容を理解しつつ、出題のポイントを知ってください。これなら1年生でも東大の問題にチャレンジできます。とにかく早い時期にセンター試験・東京大・筑波大・早稲田大・慶應大などの大学入試問題に目を通しておきましょう。これが難関大学現役合格の大きな原動力となります。

見識を広げ、教養を深めよう講習・公開授業・講座の活用

本校には、授業以外にも学習の機会が数多くあります。各学年の放課後講習や休暇中の講習、各種の公開講座。感想文や創作作品の各種コンクールヘの応募など...。

これらさまざまな「学びの場」をとらえて、積極的に参加しましょう。国語は総合力がものをいう教科。授業を核に基礎基本を固めながら、その枠にとどまることなく自分を啓発するきっかけをこの春日部共栄高校の中で発見しましょう。