数学オリンピック講習

チャレンジャーの特訓講座

数学オリンピック 毎年多くの生徒が挑戦!

math.jpg

数学オリンピックは、世界的数学者の登竜門。この予選に毎年多くの生徒がチャレンジします。

卒業生や数学科教員の協力により、この生徒たちに向けた特訓研究会が7月からスタート。冬休みには6日間ほどの集中学習会を実施し、1月中旬の早稲田大学理工学部で行われる数学オリンピック予選大会をめざします。

過去17回の挑戦で予選合格(A合格)は7名、予選準合格(B合格)は137名に達しています。

なお、予選合格者(Aランク)、予選準合格者(Bランク)の生徒に対しては、早稲田大学を始めとする多数の大学が特別選抜入学試験制度などの特典を設けています。これも、数学オリンピックのレベルの高さを示しているひとつの例と言えるでしょう。