東大博士課程優秀論文賞受賞!

投稿日:

東京大学 大学院工学系研究科、建築学専攻 博士課程の嶋﨑礼さん(本校26回生卒、管弦楽部)が日本建築学会2014年度、優秀修士論文賞を受賞しました!
修士論文内容は、「ゴシック建築における壁と壁内通路の諸相に関する研究」についてです。
本人より「嬉しい。この受賞を励みにこれからも研究に精進します。在学中、管弦楽部で学んだ粘り強さが研究への姿勢に直結しています。終わりのないものをやり続ける粘り強さ、終わらせるための様々な試みが大切です。皆さんも是非「やっても、やっても終わらない何か」を見つけて下さい。」と言うコメントをもらいました。

P324574.jpgP324575.jpg