自治活動

6月23日(金)午前7:30~8:20春日部市内の高校生と共に本校からはボランティア活動の一貫として豊春駅、春日部駅西口で30名の生徒がキャンペーン活動に参加し、未成年飲酒防止、喫煙防止を呼びかけました。



5月27日に彩の国ごみゼロ運動の一環として行われた春日部クリーンディの美化ボランティアに本校生徒141名が参加しました。当日は、夏を思わせる日差しの中、市民のボランティアの方々と一緒に西口駅前通り周辺のゴミ拾いを一生懸命行いました。毎年、2、3年生は模擬試験があるため、1年生を中心に、4年目を迎えた本校のボランティア活動です。

「彩の国ごみゼロ県民運動」の一環として「かすかべクリーン作戦・春のクリーンディ」が6月1日(日)に実施されました。多数の市民に混じり、野球部、サッカー部、テニス部、美化委員など101名の生徒が強い陽射しの降り注ぐ中、地域の清掃美化活動に汗を流しました。生徒は、清掃活動に参加しながら、ゴミのポイ捨てなどを無くしていくことの大切さも実感したと思います。
(おことわり)
中国語では「沙漠」と書きます。水が少ないことで起こる地域特性ということで、この緑化活動では「沙漠」の字を用いています。



中学校で月1回実施している講演会の講師である澤井先生(京都市在住)が主宰される"緑の協力隊"に春日部共栄生8名が参加しました。ウランバートル郊外の沙漠に280本の苗木を地元の大勢の生徒とともに植樹し"木を植える習慣"のなかったモンゴルの社会に緑の大切さと砂漠化の防止に関する提案をすることができました。また、地元のウランバートル34学校の多くの生徒と交流会をすることができました。(6月15日~21日)

毎年恒例のサンタ大作戦が16日、校内でおこなわれました。インターアクト部のメンバーを中心とする多くの生徒がボランティアとして参加、前日までに焼き上げたクッキー約1100袋はあっという間に完売しました。当日来校していた世界的な詩人アンバル=パストさんもクッキーを購入、このボランティア作戦に感動なさっていました。今年の売上金約14万円は"クリスマスまでに、あと6000人を救いたい"という運動を展開するワールド・ビジョンに寄付され、貧困や飢餓で苦しむ子供たちを一人でも多く助ける資金として活用されます。



「彩の国ごみゼロ県民運動」の一環として、5月31日に2009かすかべクリーン作戦「春のクリーンディ」が実施されました。この活動は市民・企業・行政が一体となり、公共の場所を清掃し環境意識の向上を目指すもので、毎年多くの共栄生が参加しています。今年は美化委員会を中心に一般生徒・テニス部・サッカー部・吹奏楽部・野球部など合計170名がボランティアとして参加。自分たちがお世話になっている駅前のロータリーから藤通り、学校周辺までの範囲を楽しそうに清掃していました。
12月15日、恒例のサンタ大作戦がおこなわれました。インターアクト部のメンバーを中心とした中学生・高校生のボランティアが沢山のクッキーを焼き上げ、15日の昼休みに校内で販売、その売上を恵まれない子供に届けようという企画です。昨年からはワールドビジョンジャパンに寄付をし、アフリカなどの子供たちの奨学金として役立てていただいています。1000個以上のクッキーがあっという間に売りきれましたが、多くの生徒が「是非役立てて下さい」と、自分の気持ちを込めて購入(寄付)をしていました。

14日、恒例のサンタ大作戦がおこなわれました。11日と12日に多くのボランティアの生徒の手によって作られたクッキー800袋以上が10分ほどで完売。売上と生徒・先生方の寄付で募金総額は90375円となりました。このお金はラオス·バングラデシュ·スワジランド·ケニアの子供たちの夢を実現するための資金として使われます。

4月12日に、生徒会メンバー9名が、ララガーデン春日部において、春日部市議会議員選挙の啓発ボランテイアに参加しました!

DSC_3219.JPGDSC_3215.JPGDSC_3222.JPG

「サンタ大作戦」とは、今年で17回目を迎える春日部共栄全体あげてのボランティア活動です。調理室でクッキーを焼き、それを中庭で全校生徒に販売します。今年も用意した1000袋以上のクッキーが約10分で完売しました。そしてその売上金や寄付、募金で集まったお金を、子供たちの支援を行なっているNPO法人「ワールド.ビジョンジャパン」に寄付をします。今年も吹奏楽部の演奏の中、多くの生徒が協力してくれました。クッキーの売上金は130,918円でした。皆さん有難うございました。

501.jpg502.jpg141215Santa02.jpg