陸上競技

6月18日男女4強による決勝リーグが行われ男子バレー部が2位となりインターハイ出場をきめました。女子バレー部は惜しくも3位でした。
赤司このみさんは関東大会で400メートルハードル(優勝)、400メートル(4位)、200メートル(5位)と三種目でインターハイ出場を決めました。

陸上部3年生の赤司さんが秋田県のわか杉国体の400Mハードルに出場しインターハイ7位入賞に続き、自己ベスト更新にはなりませんでしたが見事、国体で4位に入賞しました。
 また19日には、大学生を含めた20歳未満の学生の日本一を決める日本ジュニア選手権(大分スポーツ公園九州石油ドームにて)に出場し、全国4位に入賞しました。大学進学後の活躍が楽しみです。

 陸上競技部、2年生の古賀くんが、10月28日に熊谷でおこなわれた関東高校選抜大会の400Mハードルに出場し自己ベストを1秒以上も短縮して初優勝を果たす。古賀くんは、21日に出場した日本ユース選手権でも8位に入賞している。
 本人は硬式野球を目指し本校に入学。直後、体調を崩し半年近く運動ができない生活が続いた。そして1年の3月末から陸上部に挑戦。絶対、絶対、絶対あきらめない、苦労人古賀くんの今後の活躍を心から応援したい。

2008年の夏、彩の国埼玉県を舞台に繰り広げられた「全国高等学校総合体育大会」通称インターハイの公式記録映画が完成、陸上競技で出場した3年の古賀君、水泳で出場の牛島君と山田さんの3人が初日の舞台挨拶に参加しました。3人からは「活動している競技が違っても、一生懸命に戦っている姿から、とても熱いものが感じられると思います。是非一度見てください。」というコメントをもらいました。上映は浦和パルコ6階で30日の金曜日まで、春日部ララガーデン3階で24日と25日におこなわれます。上映時間は浦和会場の平日が17時30分のみ、土曜・日曜が両会場とも12時30分、15時00分,17時30分です。

男子バレー部 県大会準優勝(5月30日~6月1日山梨県小瀬市)
女子バレー部 県大会ベスト4(5月30日~6月1日神奈川県平塚市)
陸上部 (東京都駒沢) 
 県大会男子4x100リレー準優勝 (土田・網代・桂・古賀)
    男子400メートルハードル準優勝(古賀) 

 陸上部、男子400Mハードルで古賀くん(高校3年)が6月22日に行われた北関東大会で優勝(52秒87)し、インターハイの出場権を獲得しました。陸上部としては、3年連続、10度目の出場となります。
 また6月21、22日に行われたインターハイ県予選大会で男子バレーボール部は7回目、女子バレーボール部は12回目のインターハイ出場を決めました。インターハイアベック出場は、平成12年に続いて2度目となります。これからインターハイ出場を決めていく水泳部を含め、今年の埼玉インターハイでの活躍を期待したいと思います。

熱戦が繰り広げられる、彩夏到来08埼玉総体の陸上競技400メートルハードルに出場した3年生の古賀君が、決勝のレースで4位に入賞しました。優勝を目標にしていただけに悔しさを隠せない古賀君ですが、「インターハイは通過点、目標はロンドンオリンピック出場です。」と,次の目標について語ってくれました。

9月27日から大分県で開催される"チャレンジおおいた国体"に4つのクラブから多くの生徒が参加します。なお、水泳競技は9月13日から開始されます。
 ≪水泳部≫9月13日~15日 別府市 別府市営青山プール
 オリンピックで活躍した星さんをはじめ、1年生8名,2年生6名,3年生5名の合計19名が参加します。
 ≪女子バレー部≫10月4日~7日 別府市 べっぷアリーナ
 3年生2名が埼玉県チームのメンバーとして皇后杯を目指します。
 ≪男子バレー部≫10月4日~7日 別府市 べっぷアリーナ
 同じく3年生2名が出場し、天皇杯を目指します。
 ≪陸上部≫10月3日~7日 大分スポーツ公園九州石油ドーム
 関東大会優勝・インターハイ4位の古賀君が優勝を目指します。
なお、競技の詳細、速報はリアルタイムに大分国体ホームページでご覧になれます。

第63回大分国体に400メートルハードルで出場した陸上競技部の古賀くん(3年生)が、50秒98の県高校新記録で4位に入賞しました。古賀くんは10月17日から鳥取県でおこなわれる日本ジュニア選手権に出場します。なお、古賀くんの県高校新記録は16年ぶりの更新です。

11日まで熊谷で開催されていた陸上の関東大会県予選会で3年生の桂君が8種競技で準優勝、また2年生の赤司さんが100mで4位に入賞、二人が6月19日から宇都宮市で開催される関東大会の出場を決めました。陸上部は一昨年が女子、昨年が男子がインターハイに出場、今年は男女そろっての出場を目指します。