女子バレーボール

男子バレー部 県大会準優勝(5月30日~6月1日山梨県小瀬市)
女子バレー部 県大会ベスト4(5月30日~6月1日神奈川県平塚市)
陸上部 (東京都駒沢) 
 県大会男子4x100リレー準優勝 (土田・網代・桂・古賀)
    男子400メートルハードル準優勝(古賀) 

 陸上部、男子400Mハードルで古賀くん(高校3年)が6月22日に行われた北関東大会で優勝(52秒87)し、インターハイの出場権を獲得しました。陸上部としては、3年連続、10度目の出場となります。
 また6月21、22日に行われたインターハイ県予選大会で男子バレーボール部は7回目、女子バレーボール部は12回目のインターハイ出場を決めました。インターハイアベック出場は、平成12年に続いて2度目となります。これからインターハイ出場を決めていく水泳部を含め、今年の埼玉インターハイでの活躍を期待したいと思います。

3日から始まった女子バレーボール予選グループ戦で、本校女子バレーボール部は青森県代表の弘前学院聖愛高校に2ー0のストレートで快勝、決勝トーナメントに進出しました。

9月27日から大分県で開催される"チャレンジおおいた国体"に4つのクラブから多くの生徒が参加します。なお、水泳競技は9月13日から開始されます。
 ≪水泳部≫9月13日~15日 別府市 別府市営青山プール
 オリンピックで活躍した星さんをはじめ、1年生8名,2年生6名,3年生5名の合計19名が参加します。
 ≪女子バレー部≫10月4日~7日 別府市 べっぷアリーナ
 3年生2名が埼玉県チームのメンバーとして皇后杯を目指します。
 ≪男子バレー部≫10月4日~7日 別府市 べっぷアリーナ
 同じく3年生2名が出場し、天皇杯を目指します。
 ≪陸上部≫10月3日~7日 大分スポーツ公園九州石油ドーム
 関東大会優勝・インターハイ4位の古賀君が優勝を目指します。
なお、競技の詳細、速報はリアルタイムに大分国体ホームページでご覧になれます。

中間テストが終了した20日、全校生徒が校庭に集合して避難訓練と関東大会に出場する3つの部活動を激励する壮行会がおこなわれました。関東大会に出場する部活動は、女子バレーボール部・アーチェリー部・陸上部です。それぞれの部の主将が大会に向けた決意を表明した後、全校生徒から校歌と応援歌、エールが送られました。関東大会は女子バレー部が6月6日から所沢市で、アーチェリー部が6月5日から栃木県那珂川市で、陸上部が6月19日から宇都宮市で開催されます。

5月19日(水)、4時間目に第2体育館で壮行会が行われました。関東大会に出場する女子バレーボール部、アーチェリー部、陸上競技部、そしてジャパンオープンとパンパシフィック大会に出場する水泳部がステージ上に上がり、大会に臨む決意を生徒に向かって述べました。
生徒たちも選手たちの頑張りを期待して、大きな拍手で声援を送っていました。

27日、バレーボールの学校総合体育大会・インターハイ予選が所沢市民体育館でおこなわれ、女子が準優勝しました。1位から3位まですべての高校が2勝1敗で並びましたが、セット率の関係での準優勝です。女子バレー部のインターハイ出場は2年ぶり13回目、8月5日から沖縄で開催されるインターハイで全国の頂点を目指します。

夏休みも終わり、2学期がスタートしました。各部活動は様々な場面で活躍しましたが、主要なものをお知らせします。
 〈水泳部・インターハイ〉
エース多田くんがアメリカで開催されているパンパシフィックに出場していることも影響して、男子は総合成績の上位には入れませんでした。一方女子は学校対抗で見事全国3位に入賞し、個人種目も多くの入賞者を出すことができました。また、国民体育大会にも多くの部員の出場が決定しました。
 〈陸上部〉
インターハイでは,3年生の赤司さんが100メートルで予選1着と良いスタートを見せましたが、準決勝で思わぬ失敗をし、残念ながら決勝には進めませんでした。しかし、赤司さんは8月22日の関東陸上競技選手権で、実業団・大学生相手に見事4位に入賞、インターハイのリベンジを成し遂げました。
 〈女子バレー部・インターハイ〉
予選ラウンドであるグループ戦を見事突破、2回戦も高松商業に勝利しました。3回戦で大阪の建国高校に惜敗し、ベスト16と成りました。
 〈パワーリフティング部〉
8月8日におこなわれた第28回全日本パワーリフティング選手権に出場、女子が見事団体優勝,男子が準優勝となりました。
 〈吹奏楽部〉
8月11日の埼玉県吹奏楽コンクールで金賞を受賞、西関東大会に駒を進めました。西関東大会は9月4日に山梨県甲府市で開催されますが、ここで金賞を受賞し、県の代表となると、3年連続全国大会出場となります。また、中学の吹奏楽部も県吹奏楽コンクールで銅賞を受賞しました。
 〈野球部〉
惜しくも甲子園の出場を逃した野球部ですが、新しいメンバーが絶好のスタートを切りました。秋季埼玉県東部地区大会で花咲徳栄高校を破り、久々の地区優勝です。

関東大会県予選が15日におこなわれ、男子が14年ぶりに優勝、女子も準優勝し関東大会へ駒を進めました。準決勝で宿敵深谷高校を倒した男子は、決勝でも坂戸西をセットカウント2対1カウントで下し見事な優勝でした。関東大会は6月4日と5日、男子は東京で、女子は千葉で開催されます。

中間テストが終了した本日(21日)、避難訓練と壮行会がおこなわれました。関東大会に出場する 高校男子バレー部・女子バレー部・アーチェリー部・中学野球部・自転車ロードレース(個人出場)とこれから定期演奏会がある吹奏楽部・管弦楽部・合唱部に対し、全校生徒からエールが送られました。校長先生から「共栄生はあえて三兎(勉強・部活動など打ち込めるもの・学年行事など)を追おう。」と励ましの言葉を送られ、校歌と応援歌の斉唱の中、メンバーは決意を新たに試合や演奏会に臨みます。アーチェリー部主将の小澤さんは「2年前、全員が選抜クラスの先輩方が関東大会で準優勝しました。私たちは先輩の残した栄光を汚さないように、全力で頑張ります。」と力強く決意を表明しました。関東大会は6月4日から、定期演奏会は6月11日から始まります。応援よろしくお願いします。