国際交流

4月13日(木)、オーストラリアのウールーウエア中学高等学校の生徒22名と教員3名が来校し、本校吹奏楽部との交流演奏会が開催されました。

DSC02336.JPG


吹奏楽部による歓迎演奏を4階ホールで行った後、いよいよ合同練習。部員は普段の練習メニューを一生懸命英語で説明しました。

DSC02377.jpg

DSC02412.jpg

DSC02424.jpg

15時からは体育館へ移動し、ウールーウエアの合唱団・吹奏楽部・ダンス部によるパフォーマンスが行われた後、1時間の合同練習の成果を高校2年生の前で披露しました。

DSC02498_LR.jpg


「音楽」という共通言語を通して異なる国籍の生徒が心を一つにして演奏した様子に両校長先生方は感動し、両校の親交の発展を願いました。

演奏後は階段教室で交流会が開催され、一般生徒も交えた部員たちは英語でお互いの日常生活の会話に花を咲かせていました。

DSC02542.JPG

合同演奏曲
1.オーストラリア民謡のウォルツィング・マチルダ」(指揮:ウールーウエア音楽ディレクターのマイクさん)
2.真島俊夫作曲「宝島」(指揮:吹奏楽部顧問織戸先生)

[追記 2017.04.17] 交流演奏会の様子が埼玉新聞に掲載されました。

170417saitamanp.jpg

7月10日~15日までの5日間、本校生徒26名がKICプログラムに参加しました。
講師1名、留学生7名と一緒に、英語を通してディスカッションやプレゼンテーションを行いました
授業で習った単語や文法を使いながら、とても意欲的に英語を話しており、人前で自分の考えを堂々と発表していました。
インターナショナルな雰囲気の中で、昨年に引き続き、意義深いプログラムとなりました。
(留学生はインド、パキスタン、コロンビア、ブラジル、スリランカ、ナイジェリアから来ており、主に東京大学に在籍しています。)

P1020073.JPG

P1020074.JPG

P1010018.JPG

オーストラリア研修も残り少なくなってきました。参加生徒たちも現地の生活に慣れ、滞在を楽しんでいるようです。写真は上:現地校での様子、中:現地校での昼食風景、下:先日訪れた老人ホームで折り紙などの日本文化を通じて交流している様子です。

170801au02.jpg170801au01.jpg170801au03.jpg

7月22日(土)に日本を出発した、高校2年生のオーストラリア研修の様子です。写真1枚目は空港での、2、3枚目はオーストラリアに到着して現地校での授業の一コマです。

170722Au01.jpg170724Au01.jpg170724Au02.jpg

9月25日、今年の夏に行われたオーストラリア海外教育研修の研修先である、オーストラリアのEmmanuel Anglican CollegeのRobert校長先生と、授業を担当してくださったKaren先生が来校されました。
本校の宇野校長らと歓談された後、当海外研修に参加した15名の生徒と再会し、楽しく有意義だったプログラムを振り返り、お互いの現況を報告し合いながら交流を深めました。

※オーストラリア海外教育研修は、夏期休業中の7月22日から8月7日までの17日間、オーストラリア ニューサウスウェールズ州 バリナ郊外にホームステイしながら、Emmanuel Anglican Collegeに通い、英語力の向上はもちろん、プレゼンテーション、文化交流、観光等、様々な学習、体験をするプログラムです。

DSC04158.JPG

DSC04176.JPG

DSC04169.JPG

DSC04173.JPG